ネット販売で、利益1万円以上出していたサイトの見本

ネットショップ

こんにちは、かわっちです。

以前、オークションとかネット販売していた時があって、その時に教えられたネット販売の方法ですが、特に金額が高いものをする時には絶対にお勧めな方法で、実際に私が使っていたサイトをあなたにもお見せしたいと思います。

と言ってもその当時のドメインはないので、画像写真になりますので、拡大して御覧ください。

コレです。

 

グーグル・クロームを使っているのでしたら、画像を一度クリックすると拡大します。詳しく見たい人は、一旦画像を保存してから拡大して御覧ください。

一番下の「お申し込みは今すぐコチラから」をクリックすると、

下記のようなフォームが表示されます。

コレです。

このフォームで申し込んで貰って、商品は代金引換で発送していました。郵便屋さんが代金を回収して、自分の使っている郵便局の通帳にお金が振り込まれるようにしていました。

この方法は本当に良く売れるんです。代金引換ですから、カート機能のように月々いくらみたいなお金も要らないので、商品の在庫がなくなればサイトを閉じるだけという、至ってシンプル。

買う側にとっても、売る側にとっても安心できる取引です。特に販売側からしてみれば、クレジットで決済された後に商品を発送するわけですが、その後すぐにクレジットを取り消されるという被害に会うこともなくなりますからね。海外ではこういうのが多いんです。

販売SHOPをしてみたいのでしたら、ホームページを作れるような人なら、作り方はとても簡単です。今、作れない人も心配いりません。

仕入先は「Chinavasion」です。

 

このサイトを開いてどれでも商品をクリックしてみると画像が載っていますが、全ての画像を保存して、それを販売用に自分なりに加工します。サイトが自動翻訳されますから、仕様書などや商品説明などをコピーしてメモ帳などに貼り付けて保存します。これは実際に商品を購入後の販売サイトを作るためですね。

似たような日本で売られているサイトを見れば、どのように仕様書を作ればいいかがわかりますので、慣れれば難しいことではありません。

流れとしては、販売利益が最低1万円以上になる、楽天とかアマゾンとかヤフオクで売れていそうな商品を見つけてきて仕入れる。ちなみに先程の3Dカメラの仕入れ値は15,000円程です。

次に販売サイトを作る。必要なスキルは、画像加工とサイト作成。

代引きのフォームは、こういった無料のフォ-ムを利用します。

(FC2にも、無料のカートやフォームがあります)

サイトができたら、アドワーズ広告で宣伝する。注文が来たら代引きで発送する。こんな感じの流れです。

あなたもこういうのができたら、とても楽しいと思いますよ。自分にはスキルがないから・・・と、心配する必要はありません。これはあくまでも今までのHTMLと言われるサイト作成でのやり方です。

私が結論としてお伝えしたいことは、今、ブログからWordPressに変更する人が多いのですが、WordPressで販売SHOPを簡単に作成することもできるんです。

(例)

http://www.wp-olivecart.com/

 

関連記事

『WordPressスターターキット!テンプレート特集&開設編』

 

b4

コメントを残す

*