ブログを作ったら「Google XML Sitemaps」でのサイトマップ作成方法

ブログ

WordPressでブログを作ったものの、検索表示されていない、Googleにインデックスもされていない。そんな経験はありませんか? 

ブログで記事を書いている人の多くが忘れがちな作業に、サイトマップの作成があります。この作業を行うことでGoogleの検索エンジンに検索されやすくなり、今後は自動的にサイトマップが作成され続けて、このブログにはどのような情報が書かれているのかをGoogleに知らせることもできるだけではなく、今後はブログの検索もされやすくなっていきます。

サイトマップに関しては作っただけでは不十分で、Googleの検索エンジンに記事更新のインデックスを追加することで、記事を盗用され、先に記事をインデックスされることを防ぐためにも必要ですので、簡単にサイトマップの作成手順と、記事更新のインデックスの方法をご説明していきたいと思います。

プラグイン「Google XML Sitemaps」の追加

WordPressのプラグイン → 新規追加

「Google XML Sitemaps」のsの付いた方を検索します。既にGoogle XML Sitemapがインストールされている場合は、それを削除します。

go

 

今すぐインストールして有効化します。

go2

 

次に、設定 → XML Sitemapの順でクリックします。

go3

 

この画面で、あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL●●●/sitemap.xmlは、Googleは変更について正しく通知されましたと表示されていればOKです。

逆にサイトマップはまだ構築されていません。コチラをクリックして構築して下さいと表示されている場合は、クリックを押すことでサイトマップが正しく生成されます。

go4

Google ウェブマスターツール

Google ウェブマスターにログインして、Search Consoleをクリックしてサイトを追加します。

go5

Search Consoleの設定

Search Consoleの画面で、最初にプロパティを追加クリックして、サイトのURLを追加します。追加されたサイトURLをクリックしてサイトマップをクリックします。

go6

サイトマップ追加テスト

初めてサイトマップを開いた時は、このサイトのサイトマップが見つかりませんでしたと表示されるので、サイトマップの追加テストしていきます。

空欄に先程のURL●●●/sitemap.xmlのアドレスを記入して送信します。

go7

 

サイトマップ送信後は、今までインデックスされていなかった記事もインデックスされていくようになります。

go8

 更新記事を Googleのインデックスに追加する方法

ブログを更新したら、Googleに記事を早くインデックスして貰いたい時に送信します。URLをGoogleのインデックスに追加をクリックして、URLを記入して送信します。

コンテンツを Google に送信する方法

go9

まとめ

ブログで記事を書いたら、Googleに記事のインデックスに追加をすることで、「この記事を書いたのは自分です」という主張をGoogleにしておくことができますので、記事をパクられて先にインデックスされてしまうことがあったとしてもいいように、サイトマップの生成と、ブログの記事を更新したら忘れずに、記事を書いた後のインデックスの追加は必ずしておきましょう。

 

“ブログを作ったら「Google XML Sitemaps」でのサイトマップ作成方法” への2件のフィードバック

  1. こやぎ より:

    かわっちさん、初めまして。

    こやぎと申します。

    画像付きでわかりやすいですー!

    私は1週間前にインデックスに追加したんですけど・・・

    やり方がよくわからず、長い時間をかけてしましました!

    この記事を読めていたら、一瞬でしたね(´・ω・`)

    とっても参考になる記事ばかり!ありがとうございます!

    また来させていただきます!!

    • かわっち より:

      こやぎさん、はじめまして、かわっちです。
      コメントありがとうございました。

      インデックスの方法って
      結構簡単そうでしたが
      私もかなり手こずった方でした。

      それ故に、みんなに教えたいってことで
      ブログに載せてみました。
      お役に立てて光栄です。

      他の人もそう思って頂けると嬉しいですね。

コメントを残す

*