備えよう、年収100万円時代はやってくる

ね

安倍氏の言う景気回復の兆しはまだまだ見えてこない中、年収100万円時代はやってくると言っている人たちの声が、最近ネットで時々見かけるようになりました。ユニクロ柳井会長や森永卓郎氏の記事がブロガーさんたちに拡散され続けているからなのでしょう。ユニクロ柳井会長談 (出典:2ちゃんねる ) 

既に年収200万円の人は人口の20%に

さ

 物価がドンドン上がるのに対して給与は下がる一方。日本ではワーキングプアと呼ばれる年収200万円の人は人口の20%に達しているという。企業は存続のために経費削減方法は給与カットであるとか、リストラ実施など。

昨年では東芝が国内外10600人のリストラ計画を発表したのには驚きです。しかもリストラ社員の受け皿はナシという。日本は年収100万円時代に突入するのも目の前に来ているのかも。実際年収100万円で喜んで働いてくれる外国労働者は数多く存在します。

大手大企業が副業のすすめ

大企業でも社員に副業を奨めています。会社の給与は今後どうなるかわからないから、その時の為に各自で備えよっていうことでしょう。実際に企業では給与カット・ボーナスカット・リストラはあたり前かし始めていますし、従業員の中には景気の良かった時に家をローンで建てた人も少なくはないでしょう。しかし今はその支払いをするのが大変になっている人も少なくはないようです。

そんな従業員も増えているからでしょうか、副業を認めている大企業が増え始めています。トヨタ、花王、日産自動車、富士通、キヤノン、ブリヂストン、デンソー、三菱自動車、東芝など。

今後は格差社会になっていくでしょう。収入のある人とない人の差が広がります。そんな時代が突然やってきてもいいように、こころして準備をしなければなりません。

ネットで副業があたり前の時代

41ad27dc76854fcaf965c824eb3f02ec_s

副業といっても、今の仕事を続けながら夜勤の仕事をしたり、仕事の休みの日に働きに行ったり、そんなことを続ける生活は体を壊します。そこで多くの人たちは気軽に始められる副業を求めて、ネットの世界を探索している人が多いわけです。ネットの世界は社会の不景気に反比例して、頑張って続けていけば収入は増えていくこともできます。

ネットビジネスのすすめ

一昔前と違ってネットビジネスで稼げる人たちが増えています。ネットビジネスをしている人たちの目標と言えば月収100万円っていう感じだったのですが、今は月収1,000万円も夢ではない時代が来ています。実際そういう人たちを時々見かけます。

アフェリエイト・FX・コンテンツ・コンサルタント・コピーライター・YouTube・アドセンス・・・。他にも収益をあげる方法はいくらでもあるかと思います。どれをするにも時間はかかります。無料で気軽に始めることは出来ますが、BIGマネーをつかみたいのでしたら、無料でするには限界がありますから、どこかで線引をしないといけませんね。

ネットビジネスで成功する二つの準備

ネットビジネスを始める上で重要なことの一つに、考え方に結果が決まるのなら、同じ考えるのでしたら成功する側になると決めることです。誰もが希望を持ちながら同時にどこかで不安をも持ちながら始めているのではと思いますが、この壁を超えるには、マインドコントロールを学ばないといけません。

準備の二つ目はビジネスを構築して行くということです。インターネットを使って何らかのビジネスを始める準備に取りかかることです。インターネットで稼ぐ為には「集客」が最も重要です。ホームページを活用していく場合、アクセス数をいかに増やすかが今後の収益と関係してきます。メルマガを始めるのでしたら、読者リストを増やさないといけません。その為のビジネス構築を学ばないといけません。

まとめ

今までのような社会が安定した時代は終わりに来ています。年金問題も将来的にはなくなっていると多くの人が予想している状況の中で、企業が副業を勧めていくいく時代となりました。今までのように一つの企業に入って円満退職を迎えられる人は、今後も少なくなっていくと予想ができます。いつ、何が起きてもいいようにと今から準備をしていくことは、将来の不安をなくす唯一の方法ではないでしょうか。

 

b4

コメントを残す

*